« 女子高生コンクリート詰め殺人事件(実名報道足取り追跡必須事件)2. | トップページ | 女子高生コンクリート詰め殺人事件(実名報道足取り追跡必須事件)4. »

2010年10月22日 (金)

女子高生コンクリート詰め殺人事件(実名報道足取り追跡必須事件)3.

まず、この女子高生コンクリート殺人事件の被害者は、
県立八潮南高校3年の吉田順子さん(17歳)。
順子さんの親御さんの供述であろう、

順子さんは卒業旅行の旅費を自分で稼ぐためダンボール工場でアルバイトをしていた。


1988年11月25日、アルバイトを終えた順子さんは、
楽しみにしていた同日21時から放送される「どんぼ」を観る為、家路に急いだ。

そしてその帰宅途中に拉致されることとなる。

その後40日渡る監禁、強姦、暴行を繰り返され、

翌年1月4日、2時間に及ぶ散々な暴行を受け死亡。

(順子さんの最期の言葉は「苦しいです」だったと(F)は後に語っている。)

死因は外傷性ショックによる窒息死。

翌5日(水)20時頃、ドラム缶に入れられた順子さんは

コンクリートを詰められ江東区の空き地に捨てられる。


天皇陛下崩御、時代が変わり平成元年4月20日号で

週刊文春はこの事件の被害者たちを実名出版した。



(A)宮野 裕史:みやのひろし (現在姓:横山)
   S45.4.30生/この事件で唯一服役中だが法務省は
   刑期満了前に保釈を検討中。出所に備え養子縁組して改姓予定
   東海大附属高輪台高の柔道特待生。身長160cm


(B)神作 譲:かみさくじょう(旧姓は小倉)
   S46.5.11生/出所後、再び暴行・監禁
   事件を犯し裁判中。「1人殺すのも2人殺すのも同じ」と発言。
   埼玉県八潮市中央4

※神作譲の母親小倉悦子は順子さんのお墓を破壊。

最初の事件の直後、
「わたしの息子はこの女のせいで人生を狂わされたんだ!」
と逆ギレを起し、被害者少女のお墓を破壊するという暴挙に出た為に、遺族はやむなくお墓を移す。
犯行が行なわれた家の主人である共産党員の父親は、取調べに対して
「知らなかった。」
(一説には、この父親も輪姦に加わったと言う話があるが定かではない。)
同じく共産党員の母親は
「一度見かけて’あなた家に帰りなさい。’と言ったんですけど、あの子は自分の意思で家に残ったんです。
 あの子タバコを吸っていて、感じ悪かった。」
と供述。


(C)湊 伸治:みなとしんじ
   S47.12.16生/自宅に被害者を監禁 渋谷区に潜伏?
   父=靖人、 母=ます子、 兄=恒治 (両親は元共産党員)
   埼玉県さいたま市南区南浦和3丁目から
   千葉県市川市福栄2丁目に転居。現在は京都潜伏?


(D)渡邊 恭史:わたなべやすし
   S46.12.18生/事件当時 姉は宮野の女
   神奈川県横浜市金沢区六浦東1在住?


(E)岩井 哲夫:いわいてつお(旧姓は中村)
   S47生/酒場でこの事件をおもしろく語る。無反省 

※本当はもっと酷い殺し方をしたんだと笑って話すという。


(F)垣東 孝一:かきひがしこういち(旧姓は伊原)
   S48生/短い刑期のみ、出所後結婚して子供2人、
   長女は小学校高学年。2005年2月さいたま市浦和区木崎に転居。
   その後、頻繁に問題を起こすためか、浦和を追われ「所沢近辺」
   あるいは「入間市周辺」「東京都日野市」に転入したと伝えられる。


その他、分かっている共犯・関係者



渡辺恭史:
中村高次:(名を変え:岩井哲夫)
伊原真一:(名を変え:垣東幸一)(垣東孝二)(相田孝一)
星寿和:
石川あかね:(萩尾あかね)
浅野コウジ:(西沢裕次)
都築洋:(東)
加藤亮:
竹内邦夫:
木立龍介:
米倉正義:
岩澤寛之:


他、女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯罪協力関係者は100名に上る。

« 女子高生コンクリート詰め殺人事件(実名報道足取り追跡必須事件)2. | トップページ | 女子高生コンクリート詰め殺人事件(実名報道足取り追跡必須事件)4. »